1.   
  2.   
  3.   
  4. リスティング広告

リスティング広告成果を最大化する運用代行

単なる運用だけではなく、クリエイティブ改善も含めたプロモーションからサポートし結果を出します。

リスティング広告成果を最大化する運用代行

リスティング広告で獲得件数を最大化させるためには?

リスティング広告は、Google・Yahoo!の検索エンジンを活用した検索連動型広告で、PPC広告の一種です。

WEB集客においてリスティング広告施策を実施する上で、基本構造を理解することはとても重要です。代理店に運用を任せる場合でも、仕組みや効果を最大化させるための基礎知識を理解しておくことで、代理店の運用結果や改善施策が妥当かどうかを判断することができます。

リスティング広告の獲得件数を最大化するための公式

リスティング広告において、獲得件数(CV)を最大化させるための公式は、

CV=IMP×CTR×CVR

IMP(表示回数)×CTR(クリック率)×CVR(獲得率)で、それぞれの数値を改善するには下記の取り組みが必要となります。

CVを改善する取り組みの表 CVを改善する取り組みの表

IMP(表示回数)

表示回数を増やす場合の施策は、キーワード追加、日予算アップ、入札強化(掲載順位を上げる)、キーワードのマッチタイプを完全一致から部分一致にすることで表示範囲を広げるなどの施策が挙げられます。

CTR(クリック率)

クリック率を高めるための施策は、タイトル説明文の変更、入札強化(掲載順位を上げる)、キーワードのマッチタイプを部分一致から完全一致に変更する(キーワードの確度を高める)などの施策が考えられます。

CVR(獲得率)

獲得率を高めるためには、LP(ランディングページ)の修正、TDの変更(ターゲットを絞り、無駄クリックを防止する)、キーワードのマッチタイプを部分一致から完全一致に変更する(キーワードの確度を高める)などの施策が挙げられます。

IMP・CTR・CVRそれぞれの増加施策は他の指標とも密接に絡み合っているため、どの指標を重視して獲得件数を伸ばすのかを設定する必要があります。

獲得単価を下げるための施策

リスティング広告の獲得単価の式
リスティング広告の獲得単価の式

リスティング広告の獲得単価は、CPC(クリック単価)÷CVR(獲得率)の式で表されます。

つまり、獲得単価を下げるためには、CPCを下げるかCVRを上げるしかないということになります。
CPCを下げるには、IMP・CTRを下げることになり、獲得件数が減ってしまうことになります。また、競合他社が増えてきている現状では、CPCを下げること自体が難しくなっています。獲得件数を減らさずに獲得単価を下げるためには、CVRを上げる以外に方法はありません。

効果検証の考え方

リスティング広告の効果改善において、TD(タイトル説明文)検証・LP検証は不可欠です。TD検証やLP検証を行う上でよくある失敗は、検証結果を判断する基準が定まっていないということです。検証したのは良いが、どのくらいの差があれば良いのか、どのくらいの期間検証すれば良いのかが分かっていなければ、正しい検証結果は得られません。

検証結果を判断する基準は、十分な母数と明確な数値の差異があることです。具他的には、TD検証でクリック率を見る場合は、クリック数(母数)が合わせて200以上あり、クリック率の差異が6:4以上開いていれば、判断するのに十分だと言えます。LP検証でCVRを見る場合は、CV数(母数)が合わせて20件以上あり、CVRの差が6:4以上の差異があれば、信憑性が高いと言えます。

TD検証(クリック数に注目)

母数が足りない

  表示回数 クリック数 クリック率
広告1 500 12 2.40%
広告2 500 8 1.60%

TD検証(クリック率に注目)

差異がない

  表示回数 クリック数 クリック率
広告1 5,000 120 2.40%
広告2 5,000 105 2.10%

TD検証(クリック数・クリック数に注目)

母数・差異ともに十分

  表示回数 クリック数 クリック率
広告1 5,000 120 2.40%
広告2 5,000 80 1.60%

LP検証(CV数に注目)

母数が足りない

  クリック数 CV数 CVR
広告1 500 2 2.40%
広告2 5,500 1 1.60%

LP検証(CVRに注目)

差異がない

  クリック数 CV数 CVR
広告1 500 12 2.40%
広告2 500 10 2.00%

CV数・CVRに注目)

母数・差異ともに十分

  クリック数 CV数 CVR
広告1 500 12 2.40%
広告2 500 8 1.60%

また、1つの検証を行う場合は、他の要素が入ると何が良かったのかが分からなくなるため、他の施策は実施しないことが鉄則です。

クライアント数を限定したきめ細かいアカウント運用

手のひらの上のユーザーアイコン

広告代理店にリスティング広告の運用を任せた際によく聞くトラブルとして、「きちんと管理されているのかどうか分からない」「管理が行き届いておらず、適切な広告が表示されていない」などの、アカウント管理に関することがあります。クライアント様の過去の実例を挙げると「獲得数が0件のキャンペーンで最も多く予算を使われていた」「除外キーワード設定がされておらず、不要なキーワードによる予算消化が多かった」など、実績がある代理店でも一人の担当者に対するクライアント数が多いことで、管理が徹底されていないのが現状です。

弊社では、お受けするクライアント様の数を限定することできめ細かいアカウント運用を徹底しています。検索クエリの確認・除外キーワード設定はもちろんのこと、クリック率や獲得率を日々確認することで迅速なCPA改善が可能です。また、アカウント構成についても、ターゲットユーザーを意識したキーワード選定から、クリック率・獲得率を意識したクリエイティブ作成まで弊社で一からご提案することも可能です。

ABテストの繰り返しでCPAを最適化

AとBを比べる写真

CPAの最適化に欠かせないのが、広告タイトル、説明文やクリエイティブのABテストです。クリック率・獲得率を日々改善していくことで、売上アップ・費用対効果の大幅改善が見込めます。

弊社では、タイトル説明文・バナー・ランディングページのご提案から改善までサポートしており、クリック率・獲得率の最適化を目的としたABテストも実施いたします。

クリック率改善

AとBを比べる写真

クリック率の改善には2つの目的があります。1つ目は言うまでもなく「獲得数の最大化」です。クリック率の改善でより多くのユーザーを呼び込むことで、獲得数の最大化につながります。2つ目は「クリック単価の改善」です。なぜクリック率改善がクリック単価の改善につながるのかということですが、まず、クリック率を改善することで品質インデックス(品質スコア)の改善につながります。品質インデックスとは、「広告の評価」のことで、10段階で評価されます。品質インデックスが高いと低単価で上位に表示することが可能になるため、結果としてクリック単価の改善につながるのです。

しかし、クリック率の改善と言っても、ただクリック数だけ増えて購入・申し込みにつながらないと意味がありません。失敗事例で多いパターンの1つとして、料金訴求が挙げられます。例えば、タイトル説明文に「格安」や「激安」などのキーワードを入れている時に、ランディングページで料金訴求をしていなかったり、実際にはそれほど安くなかったりした場合、クリック数は伸びても購入には至らず、結果として無駄なコストを使ってしまうことになります。

弊社では、ランディングページとの親和性を損ねず、獲得率まで考慮したタイトル説明文により、適切なクリック率の改善を行っています。その結果、クリック数の増加による獲得数の増加、クリック単価の改善が可能になります。

獲得率改善

獲得率の改善は、WEBからの売上や費用対効果を高める際に最も重要な施策です。獲得率が1%の場合と2%の場合を見てみます。クリック単価が200円で、広告費を200万円かけた場合、獲得率が1%だと2,000,000÷200×0,01=100件、獲得率が2%だと2,000,000÷200×0,01=200件になり、購入単価が10,000円だとすると、売上金額に100万円も差が出ることになります。

[獲得率1%の場合]

2,000,000÷200×0,01=100件 売上金額=1,000,000円

[獲得率2%の場合]

2,000,000÷200×0,01=200件 売上金額=2,000,000円

売上金額の差=1,000,000円

獲得率の改善のために必要になってくるのが、ランディングページの改善です。ランディングページのABテストでありがちなのが、色々改善を加えてテストしたものの、結局どの部分が獲得率改善につながったのかが分からず、社内に知見が溜まらないパターンです。ランディングページの改善では、1つ1つ段階を踏んだ改善を細かく繰り返すことが重要になります。

弊社では、細かい改善をスピーディーに繰り返すことで日々獲得率の改善を行います。また、これまでの経験と実績から見出した勝ちパターンのノウハウを反映することで、効率良く改善することが可能です。

WEB広告運用だけでなくプロモーションまでフルサポート

代理店に広告運用を依頼した際に、「件数も獲得できていてCPAも合っているけど、それ以上の提案をしてもらえずに伸び悩んでいる」というお話はよくお伺いします。

広告代理店の多くが、預かった予算の中でいかに単価を抑えて獲得するかにとどまり、プロモーションの提案まではしてもらえません。

また、プロモーションまでサポートすると謳っていても、プロモーションの提案まではしてくれるが、その先の実行力がなく目標達成しないまま何となく終わってしまったというパターンも多く耳にします。

弊社ではリスティング広告の運用において、あなたの会社の事業全体の売り上げアップまで見据えた集客プロモーション視点での提案をするだけでなく、WEB全体からの集客を最大化する為のプロモーション提案を行い、成果が出るまでしっかりサポートします。

他メディアとの連携で獲得数を最大化

リスティング広告とメディアの連携のイラスト
リスティング広告とメディアの連携のイラスト

インターネットやスマホの普及により、購買の際のユーザーの動きが多様化しており、クロスメディア戦略は欠かせないものとなりました。例えば、リスティング広告からサイトに訪問したユーザーが一旦離脱し、自然検索で再度サイトを訪問して購入に至るというケースなどです。

また、効果計測についても、リスティング広告のみの数値を追っているだけでは不十分と言えます。リスティング広告でCPAが悪く、広告の停止を検討していた場合、リスティング広告経由でサイトを訪れたユーザーの5割が他メディアで購入に至っていたとしたらどうでしょうか。リスティング広告を停止することで、全体の売り上げが下がることになります。

弊社では、リスティング広告のみの運用ではなく、他メディアとの連携も行うことで獲得数の最大化を図っています。また、効果計測についてもプロモーションを実施している全メディアの結果やそのメディアのアシスト効果まですべて考慮し、運用改善やクリエイティブ改善を行います。

リスティング広告運用実績

募集企画に合わせた広告戦略で
新規会員登録数が獲得単価を抑えながらも毎月3000人以上に!

株式会社アイキッズ様

ベビー、キッズのモデル募集の広告プロモーションを日本国内だけでなく海外も任せて頂いております。毎月沢山の企画に取り組んでいらっしゃいますので、企画毎にターゲットユーザーのペルソナ設定を行い、キーワード選定を最適化しています。改善を繰り返していく事でCVRに関しては常に8%を超える状態での運用を実現しています。

株式会社アイキッズ様Webサイトの画像

季節とサービスの特徴に合わせた最適な広告戦略で
獲得単価500円以下での新規顧客獲得に成功!

ココロスタジオ様

神戸にてキッズ写真館、就活専門証明写真スタジオを運営されており、スタジオとしては後発で事業を開始されました。既に認知度の高い競合がひしめくなか、限られたエリアでのナンバーワン戦略を取る為のWEB集客施策の一つしてリスティング広告に取り組んで頂いております。コンセプトメイキングから携わり、季節やサービス内容に合わせてペルソナ設定を行いまいした。その情報からキーワード選定を最適化し、新規獲得500円以下を達成しました。

※クライアント様との守秘義務でリスティング広告実績は一部のみ公開させて頂いております。

ココロスタジオ様Webサイトの画像

リスティング広告運用の流れ

1.お問い合わせ、ヒアリング

まず弊社にお問い合わせ頂き、貴社のWEB集客に関する課題、ネット広告の現状や課題をお聞かせ下さい。その課題に対してどのように解決できるのかをご説明させて頂きます。弊社のリスティング広告運用代行サービスに興味をお持ち頂けましたら、訪問またはスカイプにて更にくわしくご説明させて頂きます。

2.ターゲット設定・競合分析

お申し込み頂きましたら、リスティング広告で獲得する見込み客のターゲット設定を行います。ターゲットが決まれば、同じターゲットに対して広告出稿している競合分析を行い、勝てる戦略を作る為の情報収集を行います。

3.リスティング広告プランの設計・提案・クリエイティブの準備

競合分析が終わったら、貴社のターゲットに対してどのようにリスティング広告でアプローチするのかプランを設計します。まず広告の対象ページとして、LP(ランディングページ)は何を使用するのか決める必要があります。既存のLPがあっても、成果を出す為にはLPを修正して頂く必要がある場合も出てきます。新規LPを作成してリスティング広告を行う場合は弊社にて競合に勝てるLP制作を請け負う事も出来ますので、そちらもご検討下さい。LPが定まりましたら、広告のタイトル、説明文の作成、キーワード選定を行い、広告バナーのご提案をさせて頂きます。

4.リスティング広告運用開始・改善施策の提案

広告運用開始後は効果測定を行い、獲得率の改善のために運用軸とLP(ランディングページ)軸で改善施策の提案を行います。
CPA(獲得単価)の最適化を行う為、キーワード毎の効率、クリック単価、CPA、品質インデックス、CVR(獲得率)の数字から改善施策を決定します。更に広告効果を高めるために、ターゲットのペルソナから、クリエイティブのABテストを行い、クリック率・獲得率を日々改善していくことで、売上アップ・費用対効果の改善に取り組んでいきます。

WEB全体からの集客を最大化出来る貴社のパートナーとしての役割を果たします

リスティング広告運用で成果を出す為には、運用改善のみではなく、競合との差別化戦略も含めたターゲットユーザーに合わせたマーケティング、施策としてのプロモーションが必要です。

弊社では、リスティング広告においてあなたの会社のWEB集客の目標を実現する為に、あなたの会社の商品、サービスを如何にしてターゲットユーザーが選ぶようになるのかというマーケティング部分から勝てる仕組みを作り、リスティング広告運用を行います。

加えて、リスティング広告に留まらず、WEB全体からの集客を増や為のご提案もさせて頂いています。
WEB全体での獲得単価を目標値に抑え、獲得件数を増やし、そしてそこから生み出される売上と利益を増やしてあなたの会社のWEBマーケティング目標を実現するパートナーを担えれば幸いです。

WEB広告

媒体の特性を活かしてPDCAサイクルを回し
集客を最大化

WEB広告

集客・売上アップのマーケティング施策をご検討中の方へ

無料相談・お問い合わせはこちら

0120-121-719

【受付時間  9:00〜18:00】